組織マネジメント

結果重視は正しい? 生産性を高めるマネジメントとは

現場の生産性を上げることは、全ての企業にとっての課題です。最大の成果を上げる仕事こそが常に求められていますが、労働者の努力に比例して生産性が上昇するのかといえば必ずしもそうではない、という事を感じている方も多いと思います。ビジネスが複雑になった現代において、生産性を上げるためには一体何をするべきなのでしょうか。

[ Read More ]

西村統行「快適な現場では、人と人とがつながっていく」【現場を知る賢者インタビュー】第3回

快適な現場というのはどういうものなのか。快適な現場にするにはどうすればいいのか。そこに「プラス」すべきことはどういったことなのか。数多くの経営者の共創場活軍師として活躍し、現場を知り抜く株式会社ここはつ代表、西村統行(にしむら・のりゆき)さんにその真髄を訊く。最終回(全3回)。

[ Read More ]

働き方改革でどう変わる? 予想される現場の変化とその問題

現在の日本は大きな節目を迎えています。もっとも大きいのは「少子高齢社会」の到来です。労働人口は1995年から下がり続けています。労働人口の減少は国力や生産力の低下に直結することから、さまざまな人がさまざまな形で社会に関わり、生産力を維持できるよう、国は労働環境を変えようとしています。その最大の政策が「働き方改革」と言えるでしょう。ここで「働き方改革」の現状とこれからの課題について考えてみましょう。

[ Read More ]

現場管理者ならば知っておくべき「ハラスメント対策」の基礎知識

セクハラ、パワハラに関わる問題は枚挙に暇がありません。職場に限らず、スポーツから教育の現場まで、このハラスメントをどうなくしていくかということが今かなり大きな課題となっています。「ハラスメント」の元である英語 Harassment の意味は「なにかしらの脅かすような行為をすること」です。脅かす、というとかなり暴力的に感じますが、実はそうでもありません。力を持つ人間の行為にはすべて拘束力があります。もちろん、うまく振る舞えば職場の統制がとれ、仕事は円滑に進むでしょう。しかし、職場での権力は、振る舞い方を間違えればすぐに相手を脅かす力に変わります。また、職場でのハラスメントは、上司と部下という関係にとどまらず、先輩後輩、同僚、取引先、現場の労働者間といったすべての状況で起こり得ることは意識しておく必要があります。

[ Read More ]

仕事のモチベーションを上げるためにするべき4つのこと

イマイチ仕事の効率があがらない、なんとなく仕事の時間が過ぎていく、という状況に直面している人も多いのではないでしょうか。また、管理職は「最近の新人たちはモチベーションがないなあ」と感じることがあるかもしれません。少し前からモチベーション・マネジメントという言葉も聞かれるようになりましたが、どういった方法を用いればモチベーションを上げることが可能なのでしょうか。

[ Read More ]

「安全衛生経費」の確保が、現場の安全を高める

建設現場における労働災害の死傷者数は依然として発生しており、現場を管理する上で安全上における改善が日増しに求められています。 現場での様々な取組や一人ひとりの安全意識についての対策は必須ですが、取組や対策を行うには意識改革や現場における工夫だけではなく、当然ですがそれにはお金も必要となります。その対策を行うための費用にあたるのが「安全衛生経費」です。

[ Read More ]