現場の人間が知っておくべきこと

結果重視は正しい? 生産性を高めるマネジメントとは

現場の生産性を上げることは、全ての企業にとっての課題です。最大の成果を上げる仕事こそが常に求められていますが、労働者の努力に比例して生産性が上昇するのかといえば必ずしもそうではない、という事を感じている方も多いと思います。ビジネスが複雑になった現代において、生産性を上げるためには一体何をするべきなのでしょうか。

[ Read More ]

西村統行「快適な現場では、人と人とがつながっていく」【現場を知る賢者インタビュー】第3回

快適な現場というのはどういうものなのか。快適な現場にするにはどうすればいいのか。そこに「プラス」すべきことはどういったことなのか。数多くの経営者の共創場活軍師として活躍し、現場を知り抜く株式会社ここはつ代表、西村統行(にしむら・のりゆき)さんにその真髄を訊く。最終回(全3回)。

[ Read More ]

働き方改革でどう変わる? 予想される現場の変化とその問題

現在の日本は大きな節目を迎えています。もっとも大きいのは「少子高齢社会」の到来です。労働人口は1995年から下がり続けています。労働人口の減少は国力や生産力の低下に直結することから、さまざまな人がさまざまな形で社会に関わり、生産力を維持できるよう、国は労働環境を変えようとしています。その最大の政策が「働き方改革」と言えるでしょう。ここで「働き方改革」の現状とこれからの課題について考えてみましょう。

[ Read More ]

不安全行動防止にも効果アリ!? 現場でのメンタルヘルス対策

労災発生状況確定値(厚生労働省発表)によると、2017年の建設業の労災による休業4日以上の死傷者数と死亡者数は、過去最小だった2016年を上回り増加に転じました。2016年に294人だった死亡者数は323人と増加しています。また、この死亡者数は全産業の中で最多の33.0%を占めています。特に、労働者扱いとならない「一人親方など(中小事業主や役員、家族従業者を含む)」の死亡者数は103人で、前年の47人から倍増しています。この点について厚生労働省は「建設工事従事者の安全及び健康の確保に関する基本的な計画」において「特段の対応が必要」とコメントしています。

[ Read More ]

【働き方改革】実際に取り組まなければならない3つのポイント

「働き方改革」という言葉は2017年の流行語大賞にもノミネートされるなど、いよいよ一般からも認知される言葉になりました。2016年の9月には労働界と産業界のトップと有識者が集まった「働き方改革実現会議」という安倍総理の諮問機関が設けられています。現政権が本気で取り組んでいる課題の一つです。「働き方改革」とは何か。一体何が変わるのか。そして、何を変えなければならないのかを、ここで具体的にみていきます。

[ Read More ]