現場の安全対策で知っておくべきこと

安全な現場づくりのための労働安全衛生教育とは

現場で働く労働者は、いつも危険と隣り合わせです。大型の機械を扱ったり高所作業を行うような現場では、一瞬の気の緩みによってミスが発生し、場合によっては大怪我をしてしまったり命を落としてしまう事も考えられます。瞬間的に発生す

[ Read More ]

原則化まであとわずか! フルハーネス対応と準備はOK!?

厚生労働省は、高所作業時にフルハーネス型安全帯の着用を義務付ける、新しい労働安全衛生法に基づく新ルールを2019年2月から適用することを発表しました。適用までもうすぐとなったフルハーネス型安全帯について、しっかり準備できているでしょうか。今回はフルハーネス型安全帯について気になるポイントを見ていきたいと思います。

[ Read More ]

「安全衛生経費」の確保が、現場の安全を高める

建設現場における労働災害の死傷者数は依然として発生しており、現場を管理する上で安全上における改善が日増しに求められています。 現場での様々な取組や一人ひとりの安全意識についての対策は必須ですが、取組や対策を行うには意識改革や現場における工夫だけではなく、当然ですがそれにはお金も必要となります。その対策を行うための費用にあたるのが「安全衛生経費」です。

[ Read More ]

現場の安全「ヒヤリ・ハット」報告を習慣に! 意識づけで事故を防ぐ

事故の原因を突き止めて未然に防ぐために有用なのが『ヒヤリ・ハット報告書』です。幸い事故にならなかったけれども『ヒヤリ』としたり『ハッと』したりしたことがあったら、それを具体的に報告します。こういった報告を集める事で、大きな事故の原因になりうる小さな原因を集め、対策することができるのです。今回は今さら、誰にも聞けない「ヒヤリ・ハット」についてご紹介します。

[ Read More ]